大抵の難関資格の対策を行なう時に悩むのが、「どんな方法で学習して試験に備えるのか」という点です。
大きく分けると、独学、通信講座、通学という方法があります。
マンション管理士の勉強法も同じで、これら3つの中から1つ以上を選ぶことになります。
もちろん通信講座も受講しながら、並行して通学することもできますが、どれか1つでも徹底的に学習していけば十分合格を狙うことができます。
マンション管理士の場合、その勉強時間は毎日3時間勉強するとして半年以上は必要だと言われます。
しかし社会人として忙しい毎日を送っている方にとって、毎日仕事の後に3時間を捻出することは難しいと思います。
また仮に時間を取り分けることができたとしても、いざ勉強をしようと思うとなかなか捗らないことも予想されます。
もともと意志が弱く、何かのことを続けていくのが難しいという方もあると思います。
そのような場合、限りなく合格に近づくためには通学するという選択が良いと判断する方が増えています。
通学するという勉強法を選択するのは自分の意志によるのですが、ひとたび入校してしまえば、後はある程度の強制力を持って学んでいくことができます。
先にある程度の費用をかけて申し込むことがモチベーションになることも期待できます。
最近では予定を立てることが難しい方のために、欠席しなければならなくなる場合でも振り替えで学ぶことができるようにDVDなどの教材が用意されるところもあります。
自分自身のタイプと生活パターンを視野に入れながら決定してください。


■■マンション管理士について、もっと知りたいなら■■
マンション管理士資格の取り方・活かし方
マンション管理士の年収は